大企業への就活

大企業へ就職するためにはどのような就活をすべきか。


大企業では新卒と中途のどっちが有利?

大企業への就職活動の際、新卒と中途とどちらの方が有利なのでしょうか?

一見、新卒の方が有利なようにも見えますが、少し違います。もちろん若さでいえば、新卒は有利です。これは大企業に限らずですが、実際に新卒と中途採用では、会社側の求めているものが変わってくるのです。

新卒といえば、大学卒業したての新社会人です。もちろん、働いた経験は無いに等しいです。企業側も育てるつもりで募集します。この時、重視されるのは、向上心や協調性、社交能力になるでしょう。技術レベルで期待しているわけではありませんから、人柄重視になるはずです。

筆記テストがある場合は、その結果も参考にされると思います。語学力など、企業にとって望ましい能力があれば、プラスに働くこともあると思います。

一方、中途採用といえば、ある程度、他の企業で働いた後に採用されるわけですから、当然、今までの社会経験が要求されます。仕事面でのスキルや技術、実績が問われてくるでしょう。企業側も即戦力として働ける人が欲しいわけです。新卒と違い、履歴書の他に職務経歴書も必要となってきます。

企業側の要求する技術やスキルが伴っていれば、新卒よりも有利に働くこともあるかもしれません。しかし、充分な経験もスキルも積んでいないままだと、年齢を重ねている分、新卒よりも不利になってしまうことでしょう。

結局、中途と新卒がどちらが就職に有利かと言えば、根本的に企業が求めているものが違うので、一概には比べられないのではないでしょうか。

Comments are closed.