大企業への就活

大企業へ就職するためにはどのような就活をすべきか。


筆記試験について

今では、面接に行く前に筆記試験を課す企業も多いです。特に大企業になると、応募者数も相当なものですので、書類選考→筆記試験→面接という風に順を追って採用者を絞っていきます。

それでは、筆記試験でコケないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

筆記試験は、適性検査・一般常識・作文(小論文)などが一般的です。中には、この三種類すべて実施する企業もあれば、適性検査だけであったり、作文だけの場合もあります。

筆記試験でコケないようにするには、日頃から対策を練って勉強を行うことでしょう。

適性検査に関しては、対策のための本も売っているので、日頃から練習しておくことで、点数を上げることができるようです。一般常識問題に関しても、市販されている問題集などを使って、充分に勉強しておくといいでしょう。まずは、志望する企業が過去にどういった問題を出しているか、情報収集しておくことが大切です。また、日頃から新聞を読んでおくといいですね。時事問題に強くなります。

作文(小論文)に関しては、テーマを与えられて、一定の制限時間に一定の文字数で書くことになります。なので、一定の時間に決められた文字数で書くということを練習しておくといいでしょう。簡単なように思うかもしれませんが、決められた文字数で要点をまとめて書くというのは難しいものです。ただ、予め充分に対策を取っていれば、慌てずに落ち着いて筆記試験を受けることができるのではないでしょうか?

Comments are closed.