大企業への就活

大企業へ就職するためにはどのような就活をすべきか。


面接は節度が肝心

就職活動における面接が得意な人というのは、あまりいないでしょう。試験には自信があっても、面接はどうも苦手という人が多いですよね。特に大企業の場合は、緊張もひとしおでしょう。自分の第一希望に近ければ近いだけ、緊張度合いが高まるのも道理というものです。

しかし、大企業になるほど、第一次面接から最終面接までに、面接が何度も行われることが多く、特に最終面接となる役員面接は、緊張しない方が無理かもしれません。

一般的には、一時面接から徐々にふるい落とされていくわけですから、最終面接である役員面接までくれば、ほぼ決まったも同然という企業も多いようです。最終面接・役員面接とは言うものの、最終的な合意確認だけというケースも多いみたいですね。なので、転職活動などのアドバイスを行うコンサルタントによれば、「役員面接まで行けば受かったも同然」と緊張を解し、前向きに望めるよう励ますのだそうです。

ただ、意外にも、その最終面接で落とされてしまうケースもあると言われます。

役員面接は、これまで通過してきた面接とは違い、フランクでリラックスした雰囲気の中、行われる企業も多いようです。しかし、これは、ただあなたの緊張を解すだけが目的とは限りません。リラックスし過ぎて、思わぬ失態や失言をしてしまえば、当然、落とされてしまいますから、どんな状況であろうとも一定の緊張感を保ちつつ、節度を守ることだけは忘れないようにしましょう。

Comments are closed.