大企業への就活

大企業へ就職するためにはどのような就活をすべきか。


就職とビジネスマナー

ビジネスマナーを学んでおいたほうが良いかについては、それが大企業・中小企業・個人企業にかかわらず、当然ながら学んでないより学んでいたほうがいいに決まっています。

現実問題としては、大企業の場合、就職後に研修が行われることが殆どです。研修の内容は、企業方針や職種、配属部署などによっても違いがありますが、一般的にはそういった研修の場でビジネスマナーを学ぶこともあります。

しかし、大学の就職ガイダンスや就職セミナーの中で、必要最低限のビジネスマナーを教えている学校も多いですし、ましてや専門学校などでは、確実にそういったカリキュラムも取り入れられていますから、一般的なビジネスマナーは体得していて当然といった前提の場合も少なくありません。

業種や配属部署によっては、それよりももっと実践的なことや、取扱商品について完璧に覚えるなどに割かれることも多く、基本的な部分を一から教えるというのは少ないと考えたほうが良いでしょう。

ビジネスマナーに関しては、専門の書籍も販売されていますし、ネットにもいくらでも情報があります。校内でそういったガイダンスなどが受けられない場合でも、就活サイトのビジネスマナー情報やビジネスマナーについて専門的に説明しているサイトなどで、必要最低限のことは勉強しておくべきと言えるでしょう。特に、言葉遣いや名刺交換のマナー、席次のマナーなどは、思わぬ失敗となり得ますから、是非覚えておいてください。

Comments are closed.