大企業への就活

大企業へ就職するためにはどのような就活をすべきか。


人気大企業ランキング

大企業への就活では、毎年人気企業ランキングが発表されますね。一時期は、IT関連企業希望者が急増した時期がありましたが、最近ではまた、色々と変化が出てきているようです。

大企業でも大規模なリストラがあったり、景気も低迷する中、安定志向の学生が増えていると言われています。

2011年度の人気企業ランキングも発表されましたが、連続でダントツトップの座をキープしていた全日本空輸(ANA)が順位を落としました。傾向としては、金融系と反グローバル傾向が強く出てきていて、1位三菱東京UFJ銀行、5位JTBグループ、7位みずほフィナンシャルグループ、8位野村證券、9位日本生命保険と、殆どが金融関連企業の上に、2位明治グループ、3位集英社、4位全日本空輸(ANA)、6位オリエンタルランド、10位電通となっており、数年前とは随分違う顔ぶれになっています。

いわゆる有名ブランドや有名メーカーへの就職希望者が、激減していることが窺える結果ですね。ところが、転職希望の人気ランキングは、これとは大きく違うのも興味深いところです。

転職希望では、ほぼ逆の傾向が出ていて、有名メーカーやグローバル志向が高いのです。1位Google、2位トヨタ自動車、3位ソニー、4位パナソニック、5位オリエンタルランド、6位資生堂、7位任天堂、8位ベネッセコーポレーション、9位楽天、10位全日本空輸(ANA)となっています。もしかしたら、これらの順位は、彼らが学生だった頃の順位とも連動しているのかもしれません。

Comments are closed.